映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

PIXUS TS9030 のサイズ表示に異議あり・・・

現状でmacOS Sierra未対応(一応、使えます)など、やや不満はありつつもプリンターとしては快適(速いし、綺麗だし)に使っている Canon PIXUS TS9030ですが、サイズ表示(表記のほうがいいかな)には異議ありなのです。

Pixus_ts9030_12去年までのEPSONプリンタを抜き去る小型化を達成したPIXUSですが、サイズ自体はエプソンの新型に抜き返されます。
まあ、とは言っても奥行きはTS9030の方が短いし。いや、両者とも「* 用紙サポートと排紙トレイを格納した状態」とあるように、プリント時に展開されるトレイがあるので、使用時はもっと大きな空間を取るのはわかっている・・・つもりだったのですが。

PIXUS TS9030_05

ソリッドでグロッシーなTS9030はホコリの心配はあるものの、質感は好き。iPhone 7 Plusもジェットブラック頼んでるしな(カメラはマットな質感が好きだけど)。
質感もさることながら、アールを排したソリッドなデザインも好み。マットな表面とアールのある四隅をもつエプソンの新型とは真逆な方向性。

PIXUS TS9030_06

で、カセットにA4用紙をいれようとすると、カセットからはみ出てしまう。あれ?カセットから用紙をはみ出させて収納するの?トリッキーだなあと思いながらカセットをみると。

PIXUS TS9030_07

?なんか用紙に合わせてセッティングする方法が書いてある。そりゃ、どのプリンタも用紙に合わせてガイドを狭めて・・ってのは当然だよね・・・え?押しながら広げる?

Pixus_ts9030_13

慌てて(ようやく)取説を見ると・・・
A4用紙を使うときはカセットをトランスフォームさせると(平然と)書いてある。

PIXUS TS9030_08

その指示に従ってみた。カセットが大きくなった(え?)

PIXUS TS9030_09

そして、カセットが本体から飛び出した(おい)

PIXUS TS9030_10

PIXUS TS9030はプレミアムデザインを謳い、その訴求ページでもこのフロント写真を使っているけれど、これは「未使用時」あるいは「レターサイズまでの用紙収納時」で

PIXUS TS9030_11

A4用紙をいれた状態では、こうなる。

いや、プリント時にトレイがひらいたり背面の給紙ガイドがひらいたりして大きくなるのはわかってるけど、年賀状を別にしたらもっとも一般的なA4用紙を入れたら大きくなる、ってのはどうなんだろう。。。
詐欺とは言わないけれど、反則ではあると思う。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください