映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

2018年回顧録(カメラ篇)

去年はカメラを一台も買わなかった(2017年回顧録(カメラ篇))ので、いや、それはフツーだろと言われるのも仕方ないですが、今年は新しいカメラを買いました。

EOS R & RF Lens_01

EOS R。
レンズが過去にない尖ったラインナップで幕開けし新しいマウントを訴求する分、ボディはコンサバティブに中堅機で出してきました。
それもあって物足りなさを感じる向きも多く、マニア層は盛り上がっていないように思いますが、実際に使ったプロ筋の評価は高く、ワタシもビデオSALONでの記事執筆のためしばらく貸し出しを受けていてその良さもイマイチさも実感、撮れる写真に比べボディ「は」安価なのも相まって発売日にファーストロットを買いました。

あ、でもホントは買う予定ではなくて、夏にはOM-D用のマクロレンズも買って、マイクロフォーサーズのシステム拡充も図っていたのです。

ED30mmF18

M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
先日買ったEOS R用のハーフマクロ RF35mmF1.8(左)も十分に小さいですが、この128gという単一電池より軽いマクロレンズは別格だと思います。

EOS R & RF Lens_03

その他、PayPay祭りにのってRF24-105mm F4L IS USMも購入
マウントアダプターも両方あります(リングなしタイプはキャッシュバックでただみたいなもんだし、PayPay使ってないけど使っていたら利ざやでてたかもだし)

EOS R & RF Lens_02

2019年はどんなカメライヤーになるのでしょうねえ。
EOS Rは普及機と上位機の2方面を予想していますが、さて。
ライカ連合にパナが合流し、置いて行かれた感のあるオリンパスはどうするのか。
いろいろな意味で未来が見えてくる年になりそうです。

あ、EOS Rといえば今年最後のお仕事撮影は超弩級RFレンズのおかげで大変楽しいものになりました。1月に、とある雑誌でご覧いただけると思います。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください