映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ATOKおまけのUSBメモリには

先日、書いた、毎年恒例行事になりつつあるATOKのバージョンアップ。
今年はノーマル版(5,250円)か、4,000円プラスで広辞苑がついてくる広辞苑セット(9,450円)か迷っていたが、おまけにつられ広辞苑セットへ。

Atok

1GBのUSBメモリが、というよりも、

「ATOK 2008 for Mac」と「広辞苑 第六版 for ATOK」のプログラムを格納し、USBメモリからATOKと広辞苑を素早くインストールできます。

ってのが面白いじゃん、と。

ATOKって、自分がひとりで使う場合、事実上、無制限のインストールを許容してる、ひじょうにユーザー目線にたっていることに好感をもっていたが、その作業を大幅に効率化。
すばらしい〜

あとは、それぞれのATOKのユーザー辞書をことえりみたいに同期できればなあ。

いや、ATOK Syncを入れれば出来るのは知ってるけど、あれ、ジャストシステムのインターネットディスク(有料:月額315円から)がいるものなあ

–ADs–

Just MyShop(ジャストシステム)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください