映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS 5D Mk.IIのオリジナルHDファイル

先日書いた「EOS 5D Mk.IIのHDサンプルはFinal Cut Pro編集」エントリーに、Macお宝鑑定団ブログにトラックバックもらって、そこでサンプルムービーのオリジナルファイルが公開されているのを知った。ありがとう、DANBOさん。

Eos5_hd_01

EOS 5D Mark II: Full-Resolution Video Clips
とりあえずFinal Cut Proにインポートしてみる。
問題なく、再生できるのは素晴らしい。

Eos5_hd_02

コーデックは既報の通りH.264。プロファイルや色空間は分からない。
そのあたり、詳細に解析する方法あるいはツールをご存じの方がいたらご教授頂けると幸いです(Macintoshベースのものがいいなあ)。

データレートは4.7〜4.8MB/秒。 HDVよりは大きいが、DVCPRO HD の半分程度だし、ProRes 422の1/3程度だからさほど重いデータではない。
が、軽く触ってみると、タイムラインの追随性がイマイチ、カーソルが重く、レスポンスも悪い。H.264をダイレクトに弄るとコレか。この辺の検証は後日行う。

今回は、フル解像度の画を見てみると・・・。

Eos5_hd_03

あらためてフルレゾリューションの画を見ると、サンプルムービー以上にそそる(部分もある)。
このカットがEF 16-35mm f/2.8 L を開放で使ってるとか、感度は ISO 2000だとか。

Eos5_hd_04

サングラスにきちんと写り込んだニューヨーク(?)の街並みとか。

Eos5_hd_05

この夜景カットのフォーカスアウト時の光源ボケのキレイなこととか、ボケの中に芯が小さくあることとか。

Eos5_hd_06

サンプルビデオ見たときに、人物の下半身にブラーかかってるのが気になっていたが、レンズがTS-E 45mm f/2.8なのを見て納得したりとか。そっかティルトかあ。このレンズ、ワタシも持ってるからすごく楽しみ。

–ADs–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください