映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

エブリオはI・OのBDを使うのか

AVCHDの保存方法バリエーションのひとつに、メーカー純正DVDライターを使ってAVCHD-DVD-DISCを作る方法がある。
先日、テストしたSONY VRD-MC10もそのひとつ。

ただ、そのときにコメント頂いたように、ディスクとしてのAVCHD規格は上限があるので(クマデジタルさん、17Mbpsじゃなかったでしたっけ?)、キヤノンの24Mbpsはキヤノン純正のDVDライターであっても使うことができない。
ソニーやパナが、最高画質の上限をそのレベルにしてるのは、それも理由のハズだ。

じゃあ、BDライターだしゃあいいじゃん、とも思うのだが、自社のBDレコーダーと、ラインナップ的に難しいのか、コスト的に難しいのか、少なくともこの春モデルにはその気配がない。

で、あっ、と思ったのが、ビクター Everio 春モデルの GZ-HD320/300

自社製DVDライターのほかに、I・OデータのBDドライブを使ってBDに焼く、という手を使ってきた。

Jvc

テレビで見るには、エブリオを介する必要があるものの、いわば汎用品なのでコスト的にも安いし、これはうまいなあ。
そのせいか、さりげに最高画質をキヤノン同様の24Mbpsにもってきてるし・・・・・

ソニーの6枚羽根絞りの新型は16Mbpsのままなんだよね〜

–ads–

【送料無料】I・O DATA BRD-UXP8 外付けBlu-ray/DVD/CDマルチドライブ USB2.0&eSATA対応 8倍速

コメント (2)
  1. Kumadigital より:

    あー17Mbpsだったかも…

  2. 惣十郎 より:

    googleで検索して
    購読させていただきました。
    AVCHDをそのままBDに焼いてプレーヤで再生することは、できないんですね。
    DVDに焼くにもエンコードに時間がかかるし
    以外にエブリオって面倒ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください