映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

iMovie09にAVCHDアーカイブ機能が!

AVCHDデータの保存ってなかなか面倒で、なんどかエントリー書いているものの決定打に欠ける(特にiMovieはマウントされたメディアからしか取り込めないのでなおさら)だったのだが、昨日のAVCHD撮影データをApple iMovie09で取り込もうとして見つけた見慣れぬボタン

Imovie09_01

すべてをアーカイブ
カメラの内容のコピーをハードドライブ上のフォルダ内に作成します
こ、これって、もしかして、AVCHDアーカイブ機能??

Imovie09_02

さっそくこれでHDD上に保存。カメラをアンマウントしてから、iMovie09の読み込みメニューを見ると
カメラアーカイブの文字。お、もしかしてもしかして。

Imovie09_03

先ほどのアーカイブ作業時からは、ディレクトリもフォルダ名も変えてみるという意地悪なことをしているが、HDD上のアーカイブフォルダを指定してやるとちゃんと認識。偉いぞ、iMovie09。

Imovie09_04

無事、読み込みウインドウが立ち上がる。すばらしい。

Imovie09_05

さらに、こうして作ったフォルダは、Final Cut Proの読み込みと転送からも、パスさえ設定してあげれば問題なく読み込みできた。
すばらしいぞ、アップル。という訳で、AVCHDのマスターファイルバックアップは、iMovie09がいちばん、ってことになった。

Toast10、ここに関しては立場びみょー

–ads–

コメント (3)
  1. しましま より:

    アーカイブ機能いいですね!
    じわじわと使い勝手がよくなるiMovie。
    次のFCPにも期待しちゃいます

  2. SAIKA より:

    そう、これ、FCPにも欲しい
    っていうか、FCPを立ち上げなくてもできるユーティリティソフトをバンドルして欲しい

  3. AmnR より:

    解決しました! Intel iMacは仕事場にあり、わざわざビデオカメラを持って行って読み込ませるのは面倒!!ということで、今回運動会用にソニーのHDR-CX500Vと4GBのメモリースティックを買い、必要分をメモリースティックに読み込ませて、運びiMovie09で読ませるという作戦でした。静止画はiPhotoが自動的に開いてラクでしたが、動画は上手くいきませんでした。ソニーのサイトではカメラにつなげと書いてありますし・・・このカメラアーカイブ機能も最初は上手く行かなかったのですが、試しに一度デスクトップにコピーしてから、カメラアーカイブをやったら成功!これで動画の処理もカメラ接続ナシでできます。
    とりあえずお礼まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください