映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Mac用USBビデオキャプチャー登場

フォーカルポイントコンピュータから案内を頂いて知った。
Elgato Video Capture

VHSとか8ミリビデオとか、アナログビデオをキャプチャするデバイスだけど、USB接続なのが特徴。
VHSからのキャプチャって、DV-VHSのWデッキが存在した頃は楽だったが、ソニーが止めて、ビクターも止めてからは、メディアコンバーター頼みで、それもソニーはそうそうに止めて、いまやるならアナログ入力を持ったキャプチャーカードを使うか(そうなるとMacPro限定となる)、VHSデッキをDVカメラのアナログ入力に繋いでスルーさせるか、けっこう大がかりで面倒くさいことになる。

Elgato_video_capture_device_with_ma

Elgato Video Captureは、USB接続の変換装置。
簡単かつ安価にアナログ-デジタルコンバートが可能。
時代の端境だから、という機器ではあるが、この手軽さと価格はけっこうイイ線いってると思う。

ところで、このイメージ写真は、ここと同じところですかねえ?(笑)

_mg_6965

もう一度、行きたいなあ。
で、変換手順を見ていて、不安なのは、

Elgato

どうやら音量調整機能は無さそうなこと。

ああ、画質設定とか、難しい部分をねぐっちゃうのは正しいと思うけど、録音レベルのばらつくVHSを持つ身としては、音声レベルは調整したかったなあ。
ちょっと惜しい。

コメント (2)
  1. yataro より:

    広告の場所は、ハナウマベイとは違うと思いますよ。
    波があるし。

  2. MIKA より:

    こういうのこそ、待ち望んでいた製品なんですよ!
    ムツカシイコトわからんし〜...
    でも、子供の小さい時に撮った(撮りっ放した)ビデオがたくさんあるけど、これもデジタルデータにしておかなきゃ見られなくなるなぁ...
    どうしよう(T_T)
    と、困っていたのです。
    これで、子供の運動会の時のも、私の結婚式の時のも、デジタルデータに変換できます♪
    でも、問題は、ウチにはレパードさんがいない!ってこと。
    仕方ない...
    息子のマシンに、レパードさんをお迎えしますかねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください