映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

LAN-TX/U2H3 vs Apple USB Ethernetアダプタ

MacBook Air用に買ったロジテック LAN-TX/U2H3(ファーストインプレッション)の実効速度をレポート
実は購入直後に計測したのだが、ブログに書く前にうちの無線Lan親機(とんがり帽子)の引退、リプレイスという事態があったのでかけず。
先日、ようやく再計測したのでレポート。

Lantx_01

LAN-TX/U2H3 と MacBook Airに付属するApple USB Ethernetアダプタ。
可搬性はもちろん純正が圧倒的。ふたつの口をまとめて留めるキャップといいアップル製品はこういう小技がうまい。
でも、純正アダプタを使うとUSBポートが無くなっちゃうんだよね

Lantx_02air

最初にMacBook Airを無線Lan接続。
AirMac Extreme に、IEEE 802.11n で接続。
このくらい速度が出ると、ワイヤレスのデメリットは感じないなあ。

Lantx_03apple

純正Apple USB Ethernetアダプタで有線接続。
AirMac Extreme からギガビット対応HUBを経由して接続。
AirMacの4割り増しくらいの速度。
RAWファイルを大量に転送するときは速度差を実感する。

Lantx_04logitec

ロジテック LAN-TX/U2H3で有線接続。
AirMac Extreme からギガビット対応HUBを経由して接続。
純正Apple USB Ethernetアダプタとほぼ同等だが、3回計測しても下りはちょい遅く、上りはちょい速いって結果になった。
なお、純正Apple USB Ethernetアダプタとの体感差はまったく感じない。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください