映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

CX550 レビュー 夜間撮影とアクティブ手ブレ補正

先日、六本木でとある会合があった。遠く九州から結婚式(に出席するため)にやってきた鹿児島のNさんを囲む会。主催者のonebeatさんが現れなかった(のは実はこの件の後だったため)り、相変わらずエピソードには事欠かないのだが、会合のメンバーはMacユーザー界隈ではあまりに有名(?)な面々だった。

Nami_1

それはさておき、別件打ち合わせ流れのワタシは、カメラバッグの中にDCR-CX550Vが入っていた。もちろん、EOS 5D Mark IIも入っていた。

Nami_2

という訳で、ミッドタウンの予約が取れないことで有名な「トラットリア ナプレ」に現れた着物美女2名(のうちひとりが、前夜結婚したばかりの新婦だというのには驚いた)と、ナブレに顔パスなミッドタウン勤めの某女史。Mac界でファイルメーカーを語らしたら・・の都立病院のY先生、twinomiを発明したD氏。

が、メイン会場に向かう道中をCX550Vで撮ったものがコレ。

手ブレ補正のモードの違いによる挙動とアクティブ手ブレ補正の実際。
暗いところでのフォーカス等、がある程度わかるんじゃないかなあ、と公開。

YouTubeの画質は差し引いて頂きたい。。。
ただの酔っぱらいの手段じゃないんです。ええ、ホントに。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください