映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Keynoteの配置ガイド

1ヶ月前にはすでに、iPad上のKeynoteでプレゼンをしてたツワモノが何人もいるのでいまさらワタシが急いでノウハウを構築しても手遅れ(?)なのだが、今後のことを考えるとすぐiPadでプレゼンや講義をすることはなくても、今から作るKeynoteファイルはiPadへの転用がしやすい互換性を意識しておく必要があろう。
動画のハンドリング等、Mac版とは異なる部分も少なくなさそう。

それはされおき、keynote。

Keynote_01

スライドに配置した画像などのオブジェクト、ドラッグすると配置ガイドが表示されて便利なのだが、この配置ガイドはオブジェクトを選択した状態でしか表示
されないみたいで

Keynote_02

このように、最初にドラッグアンドドロップで画像を追加するときには、配置ガイドが表示されない。

それは仕方ないんじゃない、って言うなかれ

Keynote_03

同じアップルのMotionでは、ドラッグアンドドロップ中にちゃんと配置ガイドも画像サイズのワイヤーフレームも表示されるのだ。
どっちが良いかは議論の余地すらない(笑)

次のKeynoteに期待。
もしくは、ワタシの理解が足りないだけで、こうすれば配置中にガイド線が表示できるよって方は是非、御指南いただければ幸いです。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください