映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

OMDSから出る最初のレンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO

OMデジタルソリューションズから出る最初のカメラがOLYMPUS PEN E-P7、そして最初のレンズがM.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROになった。PENのルックスは好きだけど、現時点ではPEN系を買うつもりがないので細かく見ていない。悩ましいのはM.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO。35mm換算で16-50mmというズーム比の大きい超広角-標準レンズ。

M.ZUIKO PROシリーズにはF1.2の単焦点、F2.8のズーム、F4のズームがラインナップされているけれど、今回のM.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROで、F4のラインが完成したように思う。
F2.8のラインを全部と12-100mmF4を持っているので、完全に被る今回は見送りかなと思いつつ、16ミリから50ミリの守備範囲って、便利そうだよなあ(笑)と。

M ZUIKO PRO_02

12-40mmF2.8は、OM-D E-M5 IIが出たときに一緒に借りて、小型軽量な組み合わせにオリンパスを買う気になった1本。ボディはOM-D E-M1 Mark IIIに買い換えたけれど、レンズはこれをいまもいちばん使ってる。7-14mmF2.8は今回の8-25mmと広角端で1ミリしか違わないけれど、この領域での1mmってものすごく大きいですよね・・。
でも2本合わせると900gオーバー。8-25mmF4はその半分以下なんですよね。

M ZUIKO PRO_03

更に言えば7-14mmF2.8はフィルターが使えない仕様なのでフィルターの使える超広角という意味では新型、ありなんですよね・・。
ただ、想像してたよりちょっと高価いかな・・。

香港ナイトマーケット_01

マカオ旅行の時は7-14mmと12-100mmの2本だけ持っていきました。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください