映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

魚眼レンズで東京空撮してみた

EF8-15mm F4L Fisheye USM導入(いや、あくまで勤務先の機材)を機に、初期テスト中。
今回はEOSムービー、ヘリ空撮篇。編集はFinal Cut Pro Xだが、なにも凝ったことはしていないのでiMovieでも同じ。まあMacProのパフォーマンスを多少は活かせたか?

Ef_01

                                 Photo by Atsushi Hayakawa

ヘリコプターは同行者が手配してくれた。ヘリには詳しくないんだけど、ROBINSON R44だと思う。
4人乗り、つまり乗客は3人。15分の東京上空遊覧飛行。

Ef815mm_fisheye_05

上空でレンズ交換する余裕は無いと思い、機材は
EOS 5D Mark II + EF8-15mm F4L Fisheye USM
SONY HDR-CX550

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII ボディ

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII ボディ

135,000円(06/19 10:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント (3)
  1. 双角 より:

    ヘリですか、いいですね~。
    ところで、オープニング部分で写っているヘリのローターがかなりはっきり見えるのは、ローターの回転数とカメラ側のフレームレートがシンクロしちゃってるからなんですかね?
    機内からの映像でも、ローターが割とはっきり映っているようですし。

  2. Kumadigital より:

    ヘリポートってちゃんと滑走路に進入口があるんですね。
    駐機場に直接降りられるはずなのに、なんか新鮮な驚き。

  3. macchan より:

    滑走路に沿って、離陸するんですね。
    やはり、大きなヘリポート場では、ルールなんでしょうか。
    で、私も乗ったことがありますが、
    仰るとおり、とてもじゃないですが落ち着きません。
    ヘッドホンをしていても、大声で話しかけていた
    自分を思い出しました・苦笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください