映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Final Cut Pro 10.0.1にアップデートできないとき

昨夜、たまたま開いたMac App StoreでMotion 5とCompressor 4のアップデートが出ていた。(Motion5の大きな改良点はここに書いた)アップルはいつも突然に・・・と思いながらアップデートかけつつ、良く見るとMac App StoreのトップページにFinal Cut Pro Xのアップデート告知が出てるじゃん。

Appstore006

あれ?あれ?アップデート欄にはMotion 5とCompressor 4しか出てないよ?まだ始まってないのかな・・とか思ってたら、MACお宝鑑定団ブログが、Final Cut Pro Xアップデートの記事をあげた。

えー、ちょっと待ってよ。と思いつつ、Mac App Storeを良く見ると、Final Cut Proが「インストール(レディ)」になってる。

Fcp_x_update_01

では、と、インストールを押すと、

Final Cut Pro 10.0はインストール済みであるため、Mac App Storeからの購入は行われませんでした。
Final Cut Pro 10.0.1を購入しますか?

とかいう恐ろしいメッセージ(^_^;

10.0.1は有償なの?10.0を35,000円で買ったワタシにそんな無体なことをするのか、アップル・・・・とパニックになりながら(ならないならない)、アカウントの残高が2,000円そこそこなのを確認して(決済が行われないようにして)購入するボタンを押す。

Fcp_x_update_02

購入処理を完了できませんでした。
Final Cut (なぜかProがつかない)はすでにインストールされています(あたりまえだ)アップルメニューからソフトウエアアップデートを確認し・・という意味不明の宇宙からのメッセージ。

ここまでメインマシンのMacProで行ったので、サブのMacBookAirで確認するも状況は同じ。
仕方ないので、試しにMacBookAirのFinal Cut Pro 10.0を削除。Mac App Storeを立ち上げ直すとインストールを押す。何事もなかったかのようにインストールが始まり、Final Cut Pro10.0がインストール完了。
再度Mac App Storeを開くと、Final Cut Pro 10.0.1のアップデートが出て、無事、10.0.1へのアップデートが完了した。
その後、MacProも同様の手順でアップデート。
深夜に余分な小一時間を浪費した・・・

原因もわからないけど、同様のかたがいらっしゃるようなので書いてみた。
(解決を保証するものではありません。ワタシのところはこの方法でできたという記録です)

で、ため息をつきつつ、Final Cut Pro 10.0.1を起動すると・・・

Fcp_x_update_03

ああ・・・Final Cut Pro伝統の、コンマ1のアップデートでも片側互換・・・が、Xになっても受け継がれていた・・・。

これ、なんとかならないかねえ・・・

Finalcutpro014

–ads–

Final Cut Pro – Apple®
 Aperture – Apple®
 Motion – Apple®
 Compressor – Apple®

コメント (2)
  1. 某テレビマン より:

    「同一HDにFinal Cut Studioと共存させるための対処」をしているとなるみたいですよ。
    Final CutPro Xしか入れていなかったMacProは問題なくアップデートできました。
    共存させていたMacBookProは、一度FinalCutProXフォルダから本体を出すことでアップデートできました。

  2. SAIKA より:

    ありがとうございます。
    Final Cut Pro 7は疑ったのですが、なるほどなるほど・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください