映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

FCP6:リネーム機能その2

FCP6:リネーム機能 の続き

名称変更 > ファイルをクリップに合わせる は有効だけど
じゃ、名称変更 > クリップをファイルに合わせる は どう使う?

最初に思ったのは、バッチ処理でリネームの行えないFinal Cut Proに対して、
元素材をAdobe Bridgeのバッチ処理でリネームして、FCP側でそれに合わせる
というパターン

(考えなしに)やってみた。

Finalcutpro004

キャプチャしたHDV 06クリップと、そこから5秒分切り出したサブクリップ
素材フォルダにあるHDV 06ファイルをBridgeでリネーム
FCPで、クリップをファイルに合わせるべく、FCPに戻ると

Finalcutpro005

メディアオフライン・・・わはは、考えてみれば当然だ
再接続でリネームに合わせる手はあるが、手動だし、他のファイルを相対パスで再接続も効かないので、このワークフローはナンセンスだ。

んじゃあ、名称変更 > クリップをファイルに合わせる は どう使うのか?

上記のサブクリップを選んで

Finalcutpro006

名称変更 > クリップをファイルに合わせる をやってみた

Finalcutpro007

ま、紛らわしい・・・(笑)

一見、サブクリップをマスタークリップに変換したように見えるが、もちろんサブクリップのまま、名前が変わったに過ぎない。

ん〜。どんなときに使うといいんだろ、こっちの機能は・・?

Apple Store(Japan)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください