映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

USB3.0ケーブルを買う

MacBook Pro RetinaがUSB3.0ポートをもつため、ワタシの周辺機器にもUSB3.0のものがじわじわと増えてきた。
筆頭はカードリーダーとモバイル用ポータブルHDD。特にカードリーダーは現場でのデータ吸い上げに速度革命をもたらし(大げさ)作業の効率化に一役買っている。

Usb30_01

ただ、このカードリーダーにしてもポータブルHDDにしても、付属するケーブルは4〜50cmのもの。
MacBook Pro Retinaで使うならもちろん十分なんだけど、Thunderbolt機器と違いUSB3.0機器は速度低下さえ許容すればMac Proなどワタシのメインマシンで使えるのがメリットのひとつ。

だけど床置きのMac Proに4〜50cmのUSBケーブルでは、デスク上に出てこないどころか、HDDを床置きで使うことになる。
間違って蹴っ飛ばしたら・・・と思うと残暑なのに涼しくなるので、長いUSB3.0ケーブルを買ってきた。

Usb30_02

Mac ProではUSB2.0相当までしか出ないので、とりあえず安いの。
2mのものと3mのもので100円しか違わなかったので、3mを買ってきた・・・けど、ちょっと長すぎた(>_<)

にしても主力のMac Proがどんどん孤立していくなあ・・・。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください