映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

InterBEE 2021 : SIGMAのシネレンズ

InterBEE 2021で気になった機材シリーズ6
インタービーは正式名称「国際放送機器展(Inter BEE)」だけあって、今年、カメラメーカーで出展しているのは、SONY、キヤノン、パナソニック、すなわちビデオカメラも販売しているメーカー。ビデオはやっていないカメラメーカー(?)としてはSIGMAが比較的大きなブースを展開していた。

Foveonで押していた頃は動画の撮れない唯一のカメラメーカーだったけど、fp / fp Lがコアとなった現在では立派な動画機を擁するメーカーになった。
けど、インタービーでの中心はカメラではなく「シネレンズ」

EF、PL、Eマウントをラインアップするのも強いと思います。せっかくLマウントアライアンスの一翼を担っているのだから、Lマウントシネレンズもラインアップして、パナやライカが本格的なシネカメラ出すと面白いと思うんですけどね。
とはいえ、EFマウントのシネカメラも多いとは言え、やはりシネカメラはPLマウントが主流の世界。
CinemaEOSはC70でRFマウントに舵を切ったかに見えるけど、キヤノンからRFマウントシネレンズが出る気配はなく、今後、シネマイオスはどう展開していくんだろうと、微妙にCinemaEOSが後退しているように見えるだけに気になるインタービーでした。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください