映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Adobe After Effects CC 2014ではMac ProのGPU未サポート

Adobe Creative Cloudが怒濤のアップデート。
大きく変わったアプリも、順当に変わったアプリも、それぞれのようだけど(まだ、細かく見ることが出来ていません)、即日、アップデートできるのがCreative Cloudの強み。
Mac Proも2014へ

Adobe_cc_2014_01

随所で書かれているけれど、Photoshopだけ大きいスプラッシュスクリーン。

そして、AEことアフターエフェクツを立ち上げると

Adobe_cc_2014_02

まあ、こうなると思っていたけれど、やはりAdobe After Effects CC 2014では今回もGPUはNVIDIAとCUDAのセットのみサポート。

Adobe_cc_2014_03

Mac ProのATI FirePro は対応しない。
まあね、でも、ちょっぴり期待はしてたんだよ・・・

で、閑話休題
DTP Transit 「CC 2014」に関して知っておきたいことで知ったのだけど、

>Creative Cloudは最大2台のパソコンまでインストール可能だが、6月19日から「同時使用」は不可能になった…

鷹野さんの記述なので、こういう挙動になったのだろう(ワタシは未確認)
個人的に2台同時起動OKルールは、MacとWinとか、バージョン違いでの挙動確認とか、それなりに正当な目的のあるルールだったんだけど、一方で不正の温床というか、正直者が馬鹿を見る仕様だと思っていたので仕様変更はイイと思う。

けれど、これ、CCの基本仕様というか、いわば契約条件だから、コロコロと変えていいルールではないとも思うんだよ・・・。

–ads–

Adobe Creative Cloud 12か月版 Macintosh版 [ダウンロード]
アドビシステムズ (2013-11-28)
売り上げランキング: 87

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください