映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

テックウインドのWebでGeChic 1101Pのレビュー書きました

以前、GeChic 社のOn-Lap 1101Pのサンプリングレビュー(製品の提供あり、その他の報酬なし)をmono-logueで書きましたが、それを読んだ国内代理店のテックウインド社が自社のサイト内にレビュー記事を書いて欲しいと(レビューズ事務局を通して)依頼をくださり、先日、公開されました。
レビュー 一眼カメラ・ムービーの撮影支援に最適 

GeChic_37

基本構成は、元のmono-logueレビューを踏襲していますが、テキストは新たに書き下ろし、写真もほぼ新しく撮りました。
正規代理店のなかの記事だから、ネガティブな内容は書かないのがお約束かなあと思いつつ、特にその辺りへの注文はなかったので、イマイチ不満な部分も書いて納品したら、そこも含め、一切修正せずに掲載いただきました。

レビューとしてはポジもネガもある方が(ユーザーにとってもメーカーにとっても)有効性高いと思っていますが、自社サイト内に置く記事としては悩ましい判断もあると思います。その意味で、いい判断されてるなあと思いました。

で、上記レビューは主にタイムラプス撮影について書いていますが、この時の機材構成が下記。併用した他社製品について、ここで記載しておきます。

GeChic_36

カメラ・レンズ Canon EOS 5D Mark III / EF15mm F2.8(ディスコン)
三脚 マンフロット 190CXPRO4 (旧型)
雲台 アルカスイス D4 ギアヘッド
フリクションアーム マンフロット 244MicroKIT
コントローラー Canon TC-80N3
バッテリー cheero power plus 3 mini 6700mah

今後もメーカーとの関係性を明示しつつ、フェアなレビューを書いていきたいと思います。(でも、私見は入ってます。好きじゃない製品のレビューは元から書きません。好きだからこそ、贔屓の引き倒しじゃない、フェアなレビューを書きたいと思っています)

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください