映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

SanDisk Extreme 900 をMacBook Proで使う

MacBook Pro Late 2016はポートがThunderbolt 3(USB Type-C)に集約されてしまったので、アダプタの山になる・・・というのは嘘ではないけれど、正しくもない。
USB Type-Cのデバイス使えばいいんだもん。
という訳で、USB 3.1 Gen 2(USB Type-C)のインターフェイスをもつ、サンディスク エクストリーム900 ポータブルSSDを試してみた。

SanDisk Extreme 900_01

SanDisk Extreme 900 
読み取り速度、書き込み速度、ともに最大 850 MB/sを謳うポータブルSSD
今回テストしているのは 960GBタイプ。

SanDisk Extreme 900_02

筐体はアルミで外周部側面がゴム。
インターフェイスはUSB 3.1 Gen 2(USB Type-C)がひとつだけ
付属品として USB Type-C to USB Type-C と、USB Type-C to USB Type-Aのケーブルが同梱されていた。

Sandisk_extreme_900_04

ので、素直にUSB Type-C to USB Type-CでMacBook Pro Late 2016と繋いだほか、純正のApple USB-C – USBアダプタを介して、繋いでみるなど、いくつかのパターンを試してみた。

SanDisk Extreme 900 スピードテスト / MacBook Pro Late 2016
AJA System Test 使用 設定はこの時と同じ

Sandisk_extreme_900_speedtest_01

SanDisk Extreme 900付属 USB Type-C to USB Type-C 接続

Sandisk_extreme_900_speedtest_02

Apple USB-C – USBアダプタ & SanDisk Extreme 900付属 USB Type-C to USB Type-A

Sandisk_extreme_900_speedtest_03

MacBook Pro Late 2016付属 電源ケーブル
(それでも一応繋がるし、使える)

Sandisk_extreme_900_speedtest_04

Belkin Thunderbolt 3 Cable 50cm(パッシブ)ケーブル

Sandisk_extreme_900_speedtest_05

Mac ProLate 2013 / SanDisk Extreme 900付属 USB Type-C to USB Type-A

Mac Pro、 がんばれよ・・・

SanDisk Extreme 900_03

MacBook Pro 新型すごい、っていうか、実際はUSB 3.1 Gen2のポテンシャルなんだろうけれど、この数字を見るとこれから3〜4年使うであろうマシンが(しばらくの間)変換アダプタが必要になることなんか、たいしたことじゃないじゃん、と、ワタシは思うのです。

–ads–


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください