映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

iPod Touch 保護フィルム比較

一眼レフの液晶モニターには付けるけど、いままでiPodや携帯電話に液晶保護フィルムを貼ったことは無かった。
でも、これだけ大きな液晶が剥き出しなのは・・・なので、今回は貼ろうと準備。

用意したのは、9月末現在で唯一、AppleStoreで扱われているiPod Touch用フィルムである
パワーサポート社の
クリスタルフィルムセット for iPod Touch と
アンチグレアフィルムセット for iPod Touch である。

両者を貼り較べて比較してみた。なお、例によって個人比較なので責任はとれない(笑)
このブログのポリシーをご理解の上、お読みいただきたい。

Ipod_touch_film_1

貼る前に並べてみた。剥離用裏面フィルムが付いた状態なので、実際の見え方とは異なるが、クリスタルの方が透明度が高いのは分かると思う。

Ipod_touch_film_2

実際に貼った状態(アンチグレアフィルム)暗いところで正面から見る限り、どちらのフィルムでもまったく不満はない。

Ipod_touch_film_3_2

Ipod_touch_film_4

ただし、斜めから角度をつけて見ると、クリスタルに較べ、アンチグレアの方が、色味が変わって感じられるようになるのが早い。

Ipod_touch_film_5

また、通常使用時の映り込みは、当然クリスタルの方が強く出る傾向にあり、指紋も目立ちやすい(つきやすい)のが難点。
iPod Touchは、その名の通りタッチインターフェイスなので、クリスタルはどうしても相性が悪くなるかなあ。

Ipod_touch_film_6

アンチグレアは光が全体的に拡散するように反射するので、滑らかに映り込みが広がる感じ。
その分、薄皮一枚まとった感じはあるのだが、指紋が付きにくいのはいいな。

なお、こーいうフィルム貼り付けは、ワタシのもっとも苦手とする作業の一つで、空気中の埃と気泡の閉じこめが天敵となるのだが、クマデジタルさん直伝の低レベルダスト作業室(浴室)で作業を行うことで対応。
液晶面フィルムは思ったより厚めで剛性感があったため、気泡も入らず上手くいった。

Ipod_touch_film_7

リアカバーフィルムは、フロント用に較べて薄く、しなりやすいので、貼るのは難しい。
結局、2カ所、気泡が残った・・_| ̄|○
リアカバーフィルムは、もう1枚あるので、後日、再挑戦してみるかなあ・・・(自信なし)

いまはアンチグレアの方で使用中。

–Ads–

iPodアクセサリ

コメント (1)
  1. 低レベルダスト作業室(浴室)とは
    サイカさんの「低レベルダスト作業室(浴室)」の記事から飛んでくる方が多いので改めて記事にしてみる。
    私は風呂場を「クリーンルーム」、パンツ一丁を「無塵作業服」と呼んでいる。一般家庭で一番ホコリが少ないのは浴室である。保護フィルムの類は浴室で貼るに限る。…….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください