映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Lightroomのショートカット

iPhone版Lightroom CC、以前に比べ使う頻度が多くなってきた。RAWで撮れるというのもあるけれど、普通にHEIFで撮ったファイルもLightroom登録時(インポート時)に自動でJPEG変換してユーザーの特別な手順無く扱ってくれるし

Adobe_lightroom_cc_01_2

別にiPhone上で編集するつもりが無いときでも無補正で登録だけしておけば

Adobe_lightroom_cc_02

Mac上のLightroom CCと自動同期してそのまま作業に入れるのは◎。
なのでLightroom CCの使用頻度が増えてきた・・・んだけどさ、使うようになると逆に気になる部分が目立つようになってきて。
代表的なところでは キーボードショートカット。

Adobe_lightroom_cc_03

拡大して細部を補正し、縮小して全体を確認し、と、ズームイン、ズームアウトはもっとも多用する機能のひとつ。なんだけど、これ、Photoshopファミリーでキーボードショートカットが異なるんですよね。

Adobe_lightroom_cc_05

ズームアウトは同じなのですが、ズームインがPhotoshopとLightroomで異なる。

のはまあ、いいんです。
Photoshopでのズーム作業はzキー押しながらマウスを左右に振ることで行うのに慣れているから。このUI、個人的にはとてもクールだと思っています。

で、Lightroom Classicだと zキーは定型ズームイン。ここまではなんとか許容していたのですが・・・Lightroom CCだと

Adobe_lightroom_cc_04_2

zキーはなぜか「採用」に割り当てられていて、zを押した瞬間に、採用フラグが立っちゃうのです。
えーと、なんでこうなるの?この状態で採用フラグの取り消しがCommand + zになるのは笑えていいけどさ・・・。

cat

というわけで、iPhoneで撮った某氏の愛猫。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください