映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

MacBook Pro 15inchをiMac Proで充電してみる

授業の空き時間を使ってメディア工房(演習室)で作業。と思ったら、MacBook Proの電源アダプタを持ってくるの忘れた。でも、なぜかUSB-C電源ケーブルはポーチに入っていた。
・・・ので、iMac ProとMacBook Pro(15inch)をUSB-Cで繋いで充電してみたが・・・。

MacBook Pro 2017 & iMac pro_01

iMac ProのThunderbolt 3/USB-Cポートと、MacBook Proのそれをアップル純正のUSB-C充電ケーブルで繋ぐ。

MacBook Pro 2017 & iMac pro_02

iMac Pro側

MacBook Pro 2017 & iMac pro_03

MacBook Pro側

Macbook_pro_2017_imac_pro_04

Finderの充電アイコンが表示され、一見充電中に思えるけれど、じわじわとバッテリー残量が減っていく。QuickTimeとか電力消費の激しいアプリのせいかとも考えて、Finderだけにしてみてもやはりゆっくりではあるけれどバッテリー残量は減っていく。
スリープ状態にしてみたら、これもゆっくりではあるものの充電されているようで、バッテリー残量は増えていった。

Macbook_pro_2017_imac_pro_05

システムリポートをみると電源供給は15W。定格通りなので、MacBook Pro(15inch)を使いながら充電はムリ、という当たり前の結論でした。
スリープで放って置くなら一応可能です。(遅いですが)

参考:MacBook Pro 15inch 2016でApple 61W USB-C電源アダプタを使う

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください