映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Final Cut Pro、EOS R5の8K RAWに対応

Final Cut ProがEOS R5の8K RAW動画に対応しました。
いや、正確に言えば、キヤノンの提供するCanon RAW Plugin が、EOS R5の8K RAWをサポートしたと言うことですが。
Canon RAW Plugin 1.5 for Final Cut Pro X

Final Cut Pro & EOS R5 8K RAW_01

これでMP4の動画ではなく、RAW動画を直接Final Cut Pro Xで扱えるようになりました。

Final Cut Pro & EOS R5 8K RAW_02

ダウンロードページと、インストール

Final Cut Pro & EOS R5 8K RAW_04

読み込みウインドウでCRMファイルを認識、サムネイルだけでなく中身のブラウジングも可能

Final Cut Pro & EOS R5 8K RAW_03

コーデックは Canon RAW Movieになっています。
EOS R5の動画RAWは現行のファームではCanon Log(無印)のはずですが、Canon Log 2のLUTがデフォルトで当てられていますね。

Final Cut Pro & EOS R5 8K RAW_05

という訳で、キヤノン偉いよ。EOS R5イイよ。って速報でした。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください