映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

M1 Mac miniの外部ストレージ転送速度が遅いが

Mac mini M1が届いたので、Apple Silicon (M1) Macの外部I/Oは遅い?を自分の環境で検証した。
用意したのは「普通に速いUSB-C(USB 3.1 Gen 2)SSD」「高速なUSB-C(USB 3.1 Gen 2)SSD」「超高速なThunderbolt 3 (40Gbps)SSD」母艦はMac Pro 2019とMac mini M1。
結論を先に書くと、USB SSDではM1 Macで明らかな速度低下を見た(高速ドライブでは半減)。さらにThunderbolt 3接続SSDでも書き込み速度が大きく低下した。ただし、Thunderbolt 3 DOCKを介して接続したときは、Mac Pro 2019とほぼ同じ速度を出した。
「Mac mini M1は直接繋いだら遅い!?」(仮説)

Mac mini M1 USB & TB_01

使ったドライブは
G-Technology G-DRIVE Mobile SSD 1TB:USB 3.1 Gen 2 公称 R/W 560MB/s
SanDisk Extreme 900 SSD 960GB:USB 3.1 Gen 2 公称 R/W 850MB/s
Samsung Portable SSD X5 1TB:Thunderbolt 3 公称 R2,800MB/s,W2,300MB/s
ケーブルはUSBはエレコム USB3-CC5P10NBK、TB3はアップル純正を使用。
可能な限り条件を揃えたつもりですが、各ストレージは長く使っているし、初期化もせずにテストに投入しているのでドライブの性能をフルに出しているとはいえません。

USB-C直繋ぎではMac mini M1はUSB 3.1 Gen2ドライブでリード、ライトとも速度低下します。が、Thunderbolt 3 DOCK(OWC 14 Port Dock)を介すと、速度が向上するという不思議な状況、Mac Pro 2019ではDOCKヲ介さない方が速いので、謎は深まるが、前回のエントリーにコメント下さったCarbonさんの情報に寄れば「USB-CにThunderboltではなくUSB系で接続するときバスパワーの供給が不足する」模様。ただ、うちではThunderbolt 3 SSDでも書き込み性能の大幅低下が確認できています。これもTB DOCK経由だと改善することを思うと、この問題は意外と根が深く、ファームアップでは解決しないかも知れません。

Mac mini M1 USB & TB_03

そのMacの個体の中で完結する場合は超高速、だけど、外部ストレージを素材ストレージや書き出し先にすると、ダメ「かも」しれません。
まだ届いたばかりなので、検証を進めます。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください