映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

駿輝祭(大学祭)ゼミ上映会終了御礼

一昨日書いたワタシの勤務する駿河台大学の大学祭である「駿輝祭」が終了。
今頃、学生達は疲れ果てて眠っているか、打ち上げの真っ最中か、どちらかだろう。

Syunkisai_01

斎賀ゼミはセレクト作品の上映会
ただの上映会に終わらず(いや、無料/ただではあるのですが)ゼミ演習室のMacに個別に作品を用意、好きなものを鑑賞できる仕掛け。

Syunkisai_02

わたしの着任時に作って頂いたゼミ演習室はメディア工房と呼ばれる制作スタジオ。
2012年度は、斎賀ゼミ、間島ゼミ、大久保(博樹)ゼミがホームグラウンドにしてゼミや他の演習を展開している。
以前、ビデオSALONの編集長がお越し下さったときの「編集長の取材ノート

Syunkisai_03

上映会が無事終わり、後片付けのときの記念写真
(スタッフはもっといるのだけど、クラブの撤収等で写真に映っていません)
お疲れ様でした。
反省は多々あるだろうけど、良かった。うん。
せっかくなので、ゼミ生スナップ

Syunkisai_04

Syunkisai_05

Syunkisai_06

を撮っていたら、女子3人がポーズを取ろうとしてる。

Syunkisai_07

3年のK子(右)にそそのかされ、ポーズを取る4年生ふたり。
H野(中)はそうそうにその気になってるが、M(左)は、えーっって感じ。

Syunkisai_08

構わずポーズをとり続けるK子
すでにのってるH野
えーと言いつつ、拒まないM

Syunkisai_09

一応完成?
すっかりポーズ取ってる4年のふたりも・・・だが、3年のK子・・
脚のポーズもさることながら、右手の曲げ方、完璧すぎ(笑)
来年が不安な・・もとい、楽しみな担当教員である・・・。

Syunkisai_10

この演習室の正式呼称は3104 通り名はメディア工房。
来年も、ここから新しい物語が生まれるはず。
なお、本人達の名誉のために書いておくと、彼女たちもEOSを駆使し、Final Cut Proを使い、ムービーを紡ぐディレクターたちである。

_photo

なお、Facebookにゼミ公式ページがあります。よろしければ、ごらんくださいませ。
駿河台大学メディア情報学部斎賀ゼミナール Facebook公式ページ
–ads–

デジタルムービー実践ガイドブック (玄光社MOOK)

デジタルムービー実践ガイドブック (玄光社MOOK)

ビデオSALON
6,948円(06/19 16:54時点)
Amazonの情報を掲載しています
映像制作のためのサウンド収録&編集テクニック (玄光社MOOK)

映像制作のためのサウンド収録&編集テクニック (玄光社MOOK)

2,640円(06/20 04:17時点)
Amazonの情報を掲載しています
マスターショット2 [ダイアローグ編]

マスターショット2 [ダイアローグ編]

クリストファー・ケンワーシー
2,530円(06/20 04:17時点)
Amazonの情報を掲載しています
映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)

映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)

富野由悠季
1,980円(06/20 04:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください