映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

iPhone 14 Proは FHD 240Pまで:ハイスピード撮影

そういえばiPhone 14 Pro(Max含む)のハイスピード撮影(HFR撮影)は、これまでと変わらずFHD 240Pまでだったですね。
小さいセンサー、強力な処理エンジン、のアドバンテージを活かして、4K240Pを期待していたのだけどダメでした。
ワタシの理解力が足りなくて、他の技術的ハードルがあるのか、製品企画としてそこにウリを(アップルが)感じなかったのかは分かりませんが、4Kで240Pのハイフレームレート撮影ができれば、特機的に強みがあると思うのだけどなあ。FHD240PはEOS R3が先日のファームアップで達成して、画的にはそちらにアドバンテージがありますよね・・・。

iPhone 12 ProのフルHD 240P撮影から切り出し。
HFR撮影はセンサーが小さい方が読み出し速度の点で有利で、一方、シャッター速度の下限が上がるので、画質の点では不利。

iPhone 12 Pro FHD 240P
ので、iPhone 12 Proでも光の充分にある状況下だと綺麗なスローモーションが得られるけれど

iPhone 12 Pro FHD 240P
屋内とか光量が足りないと明らかに画質が・・・(夜景などは論外)

EOS R5 4K 120P
R5はFHD120Pが上限だけど、センサーが大きいので、光の足りないシチュエーションでも4Kでこのくらい

EOS R3
R3は先日のファームアップでFHDだけど240Pを実現して、センサーサイズに画素数の少なさを活かしてこんな画が撮れる。

ので、iPhone 14 Proは4K240Pを実装して欲しかったなあ、と。
まあ、ただのぼやきです、ええ。

iPhone 12 Pro FHD 240P

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください