映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

帰省はEOS 5D Mark IIIと

いや、せっかく初回出荷でEOS-1D Cが届いたので、正月いろいろ触ってみようと思っていたんですよ。

EOS-1D C_2

高感度時の画質は、以前、EOS-1D XをテストしたときにEOS 5D Mark III以上なのは実感していたし、iTR AFってスナップにとても強いと聞いたし。

でも、結局、帰省の供はEOS 5D Mark IIIになった(笑)
ひらくPCバッグへの収まりがいい、ってのもあったけど、まあ、日和った最大理由は重さ。

公称質量はEOS-1D Cが1545g、EOS 5D Mark IIIが950g(いずれもCIPAガイドライン)
ちょうどクマデジタルさんが自分へのクリスマスプレゼントに買ったEF24-70mm F4L IS USM 1本分の差がある。
これは大きい。
さらにバッテリーチャージャーのサイズおよび重量差が半端なく大きい(実家がEOS 60Dなので、チャージャーは実家のを使えるというのもあったけど)。

Img_4023

EOS-1D CはCFカードのデュアルスロットだけど、EOS 5D Mark IIIはCFとSDHCのデュアルスロット。
いや、カードリーダー自体はさほど邪魔にならないし、その気になればカメラとMacをUSBで直接繋げばいいんだけど、そういう準備不要でSDカードを相手に渡せばいいし、というのは手軽で楽。

Img_4025

Macお宝鑑定団ブログの「Lucky Bag 2013」エントリーの写真は、ストアで撮影後、即、ストアの片隅でDANBOさんのMacBook Proにキャプチャされています。

5D3 & EF40mm_4

という訳で、この正月はEOS 5D Mark IIIと共に。
悔しいので(おいおい)、なるべく早いうちに、EOS-1D Cと共に、どこかに行きたい。

尾道は大林世代のワタシにはいつか行く約束の土地なのだけど、EOS-1D Cだと腰やられるかなあ(^_^;
宮島や(反対側だけど)鳥取砂丘にも行きたいです。はい。

–ads–




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください