映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS用ホットシューカバー

1DC_&_5D3

ストロボワークの知識と経験値が不足してるせいもあって、ストロボもその取付部であるホットシューも出番が少ない。
ホットシューは下手するとストロボよりマイクをマウントしてるほうが多かったりもする(笑)

1DC

剥き出しのホットシューはホコリが溜まりやすかったり、カメラバッグから取り出す際に布地を引っかけたり、意外とバッグ内で当たって変形することもあるので、EOS 5D Mark IIにはリチャード・フラニエック氏のホットシューカバーをつけている。(EOS 5D Mark IIIも同様)

UN

EOS-1D Cにも同じで良かったのだが、ユーエヌ(UN)から、キャノンホットシューカバー(EOS用) が発売されたので、それを買ってみた。売価が4倍も違う(UNが安い)ってのもある(笑)

hot1

左側 リチャード・フラニエック
右側 ユーエヌ

hot2

hot3

意外と形状が違う。
ちなみに、素材はリチャード・フラニエックのものが米国デュポン社アセタール樹脂、UNはABS樹脂と記載されている。

1DC_Richard Franiec

EOS-1D Cにリチャード・フラニエックをつけたところ

IMG_2501

EOS-1D Cにユーエヌをつけたところ

1DC_Richard Franiec2

EOS-1D Cにリチャード・フラニエックをつけたところ
表面の質感が異なる(クリックで拡大)

1DC_UN22

EOS-1D Cにユーエヌをつけたところ
表面の質感がEOSに近い。ただ、前縁部との間に僅かな隙間ができる。
(クリックで拡大)

5D3_Richard Franiec

EOS 5D Mark IIIにリチャード・フラニエックをつけたところ
表面の質感が異なるが、かちりと収まって気持ちいい。

IMG_2508

EOS 5D Mark IIIにユーエヌをつけたところ
表面の質感がEOSに近い。ただ、前縁部との間に僅かな隙間ができる。

1DC_UN_1

EOS-1D Cにはユーエヌのホットシューカバーを使うことにしてみる。

1DC_UN_2

まあ、いろいろ理由を付けても、要はスポイラーと同じようなドレスアップパーツである(笑)

–ads–

UNUNX-8524 キャノンホットシューカバー(EOS用) [UNX8524]

ガチャガチャ PENTAX K-x ミニチュアマスコット 全20種セット
タカラトミーアーツ
売り上げランキング: 183,476

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください