映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

サンダーバード55 / Go Go 前売りと特典2号

子供の頃からスーパーロボットよりスーパーメカの方が好きだった。原点はお約束のサンダーバード。そのThunderbirdsを当時の作り方でリメイクした新作、サンダーバード55 / Go Go が年明け公開。前売りムビチケカードが発売開始。特典はサンダーバード2号のステンレスキーホルダー。まあ、買うよね。

ムビチケの画柄は4種類だけど、ずんぐりむっくりボディの2号推しのワタシは迷うこと無くTB2。
特典キーホルダーは2号のステンレスキーホルダー。

日本版ポスターは大河原邦男氏。これがまたイイ感じ。
ただ、TB3号は宇宙ロケットなんだから曲線軌道で飛んで欲しくなかったけどな・・。

今回の映画は当時の制作技術でリメイクしているらしいので、その後のCGやCGアニメとは違う原点回帰。ワタシはあんまりオリジナル原理主義ではないので、ジョナサン・フレイクスの実写映画や、CGアニメ版も結構好き。今の技術や発想でこそできる画角やカメラワークもリメイクの魅力だと思うんだけど、この映画はその辺は期待しちゃいけないのかな・・。

新旧サンダーバードを編集したPV。ね、それぞれの良さがあると思いませんか

キーホルダー自体は2号はいいんだけど、他のパーツが華奢で実用すると壊れて無くしそうですが、まあ、記念で。

そう言えば、昔、ビデオSALONでedelKrone SliderOne PRO を試した時、サンダーバードもモデルに使ったのでした。

edelKrone SliderOne PRO TEST from SAIKA on Vimeo.

自分の大学研究室に鎮座するDX超合金のTB2です。

という訳で前売り買った、というだけのブログでした。
これを機に、謎の円盤UFOもリメイクしてくれないかなあ

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください