映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

iPhone用真空管アンプとケース:革と金属

オーディオ機器は好きだけど、趣味の対象からは脱落している(だって奥が深い上に高価いんだもん)。そんなワタシが、iPhone用真空管アンプと、その専用ケースを試す機会を頂いたのが1ヶ月前
約1ヶ月、様々な形で使った印象を書いておく。

ELEKIT x abrasus_12

ELEKIT 真空管ハイブリッドポータブルヘッドホンアンプ(TU-HP01) は乾電池で駆動するポータブルヘッドホンアンプでけっしてiPhone専用ではない。
だが、SUPER CLASSICのTU-HP01用革ケースは、TU-HP01とiPhoneを一体化し、事実上iPhone専用ポータブルアンプにしてしまう。

このエントリーは
・TU-HP01のヘッドホンアンプとしての印象パートと
・abrasusの革ケースの印象パート に別れる。

ELEKIT x abrasus_01

TU-HP01は前述したとおり乾電池駆動のポータブルヘッドホンアンプ。同様の製品を使ったことがないので比較はできないが、電池なしで125gと小型軽量だが、電源として単四電池を4本必要とするので、約50gプラス。
金属ボディと赤いフロントパネルのコントラストが美しい。

ELEKIT x abrasus_02

電源ボタンを兼ねたボリュームを回すとランプが点灯する。

ELEKIT x abrasus_03

SUPER CLASSICのTU-HP01用革ケースはぴったりと遊びなく装着されるボディコンシャスな革。

ELEKIT x abrasus_04

TU-HP01はiPhoneのイヤホンアウトを入力し、ヘッドホンアウトから出力するアナログ接続。エフェクターの一種ともいえる?
音質評価云々はワタシの手に余るが、プラシーボ効果が無かったとしてレビューすれば、音のエッジが丸いというか、繋がりが心地良くなる印象。
新幹線の出張時など、長時間聴いていても疲れにくい。そういう意味では解像度よりバランス指向。

オペアンプにJRC「MUSES8820」とBurr Brown「OPA2604」が同梱。比較的簡単にオペアンプを換装できる。
試してみたら、ホントに音の印象って変わるんだなあ、と実感。条件揃えるために、この1ヶ月はiPhone 5付属のイヤホンのみ使用してきたが、違うイヤホンでも試してみよう。

ELEKIT x abrasus_05

聴いているときはいいけど、収納時に困るのがケーブル。

ELEKIT x abrasus_06

でも、abrasusの革ケースにはボタン留めのフラップが付いていて、スマートにコードを束ねることができるのも特徴。

ELEKIT x abrasus_07

そしてabrasusの革ケースの背面にはiPhone用スリットがあり、iPhoneとアンプを一体化して運用できる。

ELEKIT x abrasus_08

とれるカメラバッグのサイドポケットに入れるとこんな感じ。
これもいいけど、

ELEKIT x abrasus_09

ワタシはとれるカメラバッグにリングを拡張しているので、abrasusの革ケースにあるD環を通してぶら下げると、イイ感じ。

ELEKIT x abrasus_10

テーブルがあるときは、iPhoneを立てかける形で運用できるのもこのケースの特徴で、ポータブルアンプの持ち味を活かそうとする工夫に満ちている。

ELEKIT x abrasus_11

のだけど、付属のコードが短いので、アンプをテーブルに置いたまま、iPhoneでメールチェック等は難しい。
ので長めのケーブルもカバンに入れている(この項、続く)

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください