映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

サムヤンからキヤノン専用50mm F1.2レンズ

うちの助手のT君はサムヤン使いでもありますが、キヤノンEFマウント専用で、大口径標準レンズ SAMYANG XP50mm F1.2が(国内代理店のケンコートキナーから)リリースされました。
「5,000万画素以上の写真、8K動画に対応する最高の解像力。」をキャッチコピー的に謳う同社のハイエンド製品です。

Samyang_xp50mm

なにより特徴的なのはMFレンズだけど電子接点を持ち、EOSから絞りの制御が出来、EXIFも書き込まれる点。
キヤノンは50mmレンズはEFマウントだけで3本もラインナップする(シネマ用含めるとさらに増えます)牙城ゾーン。そこにハイエンドで突っ込んでくるのだからサムヤンの本気度もすごい。

50mm

そして驚くのはその重量。
本家(キヤノン)よりヘビー級と言われたシグマの50mm F1.4でも815gなのに、SAMYANG XP50mm F1.2は1,200g。
50ミリの単焦点レンズで1.2キロ。これはEF50mm F1.2Lの倍以上。
オーディオアンプじゃないんだから重ければいいってものでは・・・。
そのうち、どこかで作例が出てくると思います。

そんなワタシのところには、別のマニュアルレンズが到着。こちらはいずれ作例を・・。

–ads–
ちなみに右端のEF50mmレンズマグも、れっきとしたキヤノン製(笑)です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください