映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS R、RF24-105mmF4L、ファームアップでサイレント高速連写

このファームアップ対応自体は早くからアナウンスされていたけれど、EOS RとRF24-105mm F4Lの最新ファームウエアが公開。
最大のポイントは「”サイレント撮影時の連続撮影” の機能を追加」(それ以外はまあ、バグフィックス)。ただ、“サイレント撮影時の連続撮影” 機能(キヤノン)は微妙な齟齬がある気がする。(後述)

EOS R FirmUp_01

 

ミラーレスの利点のひとつ、電子シャッターによるサイレント撮影はEOS Rのアドバンテージ。・・・なんだけど、このサイレントシャッターはシングル撮影(単写、1枚撮影)時しか設定出来ないという欠点があった。

EOS R FirmUp_02

 

サイレントシャッター設定時は連続撮影(高速連射、低速連写 *れんしゃ、は連写、連射、恋写で迷いますね(笑))はグレーアウト。

EOS R FirmUp_03

 

EOS Rの新ファームウエア Ver.1.1.0はサイレント撮影時に連続撮影を可能にするファーム。ただし、RF24-105mmF4Lの場合は、レンズのファームも対応ファームにアップしないと使えないと書いてあるので、こちらもアップデートします。
その場合、ファームウエアファイルをいっしょのSDカードに入れてアップデートしても大丈夫でした。

EOS R FirmUp_04

 

メニュー > スパナマークの6番 >ファームウエアを選択し、まずはカメラを選択。

EOS R FirmUp_05

 

ファームの確認

EOS R FirmUp_06

 

ファーム実行中は英語表記のみ。電源を落とさないように注意。

EOS R FirmUp_08

 

続いてEF24-105mmのファームウエア  Ver.2.0.0にアップデート。

EOS R FirmUp_07

 

ファームウエアがアップデートできた状態の表示

 

これで、サイレントシャッターを連続撮影と併用できる・・・のですが、ここで冒頭の「サイレント撮影時の連続撮影” の機能を追加」が微妙に感じる点が。

EOS R FirmUp_09

 

上:EOS R Ver.1.0.0 時の表示
下:EOS R Ver.2.0.0 時の表示
そう、高速連続撮影はNG項目から外れたのですが、低速連続撮影は併用不可のまま。

EOS R FirmUp_10

 

実際にサイレントシャッターONの状態では低速連写がグレーアウトしています。
逆に言えば、これ、低速連写はメカシャッターのみということでしょうか。

EOS R FirmUp_11

 

ちなみにこの背面液晶のサイレントシャッターアイコン、って、前からありましたっけ?
気がつかなかった・・・。

EOS R FirmUp_12

 

という訳で、EOS Rは電子シャッターによる高速サイレント連写を手に入れた。のですが

EOS R FirmUp_13

 

当然ながら?ミラー「レス」のアドバンテージ、電子シャッターはフリッカー「レス」にはなりません。
これはローリングシャッター歪みとあわせて、電子シャッターのメカシャッター(フォーカルプレーンシャッター)の弱点で悩ましいところではあります。

 

–ds–

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください