映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Adobe Bridge CS5のレビューモード

クマデジタルさんは、Apple Aperture3をトライアルで終了。iPhoto +プレビュー(MacOS Xにバンドル) + Photoshop + Canon DPPをワークフローにされるようだ。
Apertureは(LIghtroomもだけど)帯に短し襷に長しの部分があるので、彼の選択も正しい。
ワタシはAperture派だけど、Apertureで作業するのは数十枚以上の場合で、それ以下の時はAdobe Bridge + Photoshopで行うことが多い。
で、せっかくなので、クマデジタルさんとこにもiPadと同時に納品されるPhotoshop CS5にバンドルされるBridge CS5での取捨選択をお見せしたい(笑)-1分動画-

Adobe Bridge CS5レビューモード from SAIKA on Vimeo.

Adobe Bridge CS5のレビューモードは、実用性もさることながら(おいおい)無駄に楽しい取捨選択モードである。
実際にはフィルムストリップモードでセレクションする方が効果的に思うが、レビューモードはその動きを含めて、ついつい無駄に使ってしまうモードなのだ(笑)

なお、ここで使っているAdobe Bridgeは、β版であるため、製品版とは微妙に仕様、挙動が違うことがある。あらかじめご了承いただきたい。

–ADS–

コメント (3)
  1. Kumadigital より:

    いま初めてCS4のBridgeを使ってみましたが、
    この取捨選択機能も秀逸ですね…
    ドックに常駐させようかな〜

  2. kato より:

    取捨選択したものをコレクションとして保存できたり、
    レーティングなんかもここでできますよね。
    Lightroomのクイックコレクションもお気に入りですが、
    Bridgeのこのレビューモードもいいな〜と思いました。

  3. Futu より:

    なぜでしょう。
    apertureで全てこなしていて
    非常に快適なのでBridgeって中々使わないんですよね。
    Photoshopを使う時って写真以外の要素を付け足す時なので。
    スタイルが人それぞれだって感じですねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください