映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

X-T1のムービー画質

数年前にEOS 5D Mark IIから始まった(正確にはニコンD90が先だ)デジタル一眼による動画は、いまやシグマを除く全メーカーに広がっている(ニコンDfは敢えて外してきましたけどね)。
なのだけど、じゃあ、一眼ムービーをみんな撮ってるか、というとそうは思えないのが難しいところ。そんななかで、ムービー機能をどう実装するかは各社の考え方がうかがえて面白い。

という訳で、富士フィルム、渾身の1台、X-T1の動画 画質を検証。

Xt1_movie_sample

17754-282-294401

Xシリーズの画質は以前から評価の高いもので、今回、X-T1を長期でお借りしている中、自分もその静止画画質にはいいねえ、これ、と思っている。
一方、X-Pro1のとき、動画テストをしているんだけど、ムービーに関してはダメだった記憶しかない。ビットレートが低いのがいけないのか、 X-Transのカラーフィルター配列がいけないのかは分からないけれど、Xシリーズは静止画専用機だなあ、と思っていた。
今回、X-T1で、その認識が覆されるか、が楽しみだった。

撮影は、この時に行い、レンズもXF18-55mmF2.8-4 R LM OIS。

Xt1_movie_sample2

1280×720は試さず、1920×1080モードのみ。30Pおよび60Pでテスト。
コーデックはH.264/MPEG-4 AVCで拡張子は.MOV

ビデオレートは、30P、60Pともに38Mbps前後。X-Pro1に較べ大きくスペックアップしている。

サンプルは、Final Cut Pro Xでオリジナル(ネイティブ)編集。テロップ以外、色補正、トリミング無し。2カットめと4カットめの60Pは30Pにレート変更、5カットめの60Pはそのままタイムラインに置いている。

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T1 ブラック F FX-X-T1B

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T1 ブラック F FX-X-T1B

168,037円(07/25 03:01時点)
Amazonの情報を掲載しています
4K&デジタルシネマ映像制作 (玄光社MOOK)

4K&デジタルシネマ映像制作 (玄光社MOOK)

2,750円(07/25 03:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください