映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

いちばんやさしいiMovie入門:書きました

映像って面白いけど面倒だよねえ、ってよく言われます。うちのゼミ生たちは、その面倒なことを本気でやる連中ですが、まあ、少数派でしょう、
もっと気軽に映像作って、一眼ムービーもiPhone動画も、ハードルを下げたい。映像はプロだけのものじゃなく、ホビーとしてもっとひろがっていい。

そんな気持ちでスタートして、iMovieの入門書を書きました。やっと発売です。
いちばんやさしいiMovie入門(秀和システム)

Imovie

いちばんやさしいiMovie入門 (Amazon)

ブログ本文中にアマゾンリンク等は貼らない主義ですが、著書なので許して下さい。

Imovie2

iMovieなんて、見よう見まねで使えるじゃん、とか言われると身も蓋もナイのですが、ある程度体系的に理解すれば、もっと分かりやすいのです。
図版はゴージャスに、あの方や、あのひとや、うちのゼミ生が、全面協力。その辺は、発売後に改めてブログに。

こんなムービーが5分で編集できる(予告編機能だし)って、ノリで、これまで難しそう、面倒下そう、と思って居た方はぜひ。
でも、複数ライブラリの管理の仕方やプロジェクトの移動といったFinal Cut Pro X初心者にも役に立つ内容はちゃんと入れ込んでいるつもりです。

よろしくお願いいたします。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください