映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

JVC GC-P100のモニターか

再生環境どうすんだよ、というのは正しいツッコミな一方、それでもいま、魅力なのは4Kムービー。
と思っていたところに、まったく別のアプローチをしてくるのが、あの会社らしい・・。
そう、JVCのビデオカメラ、GC-P100

Jvc

120〜600fpsのハイスピード撮影に1〜1/80fpsのタイムラプス撮影。
なんと、600fps!と思うものの、120fpsで640×320、600fpsでは320×176サイズになるという割り切りぶり。

たださ、小さいサイズでいいなら5年も前にカシオがEXILM EX-F1で300fpsハイスピードをやってるよね・・・。
遊びなら良いけど本気なら(って、恋愛の話ではなく)結局、ちゃんとした解像度が欲しくなっちゃうと思うんだよね・・・。

ところで、GC-P100、特別モニターキャンペーンをやってる。(今日から)

入札下限価格87,000円(税込)~入札上限価格129,800円(税込)で入札し、高額順に100番目の価格で上位100人に販売というのはパナソニック方式だっけ。
たしか昔、クマデジタルさんがBDレコーダーをこれで買ってたような記憶がある。(間違ってたらすみません)

にしても、ブタ鼻の3Dカメラといい、単独で防水なアクションカムといい、JVCのビデオカメラはすっごく面白いところを突いてきて最高だ、と思うんだけど、借りて試すと買うまでいかないのは何故なんだろう・・・。

Img_3298

その、狙いも企画も良いんだけど・・・な詰めの弱さが、ちょっぴりうなだれたようなニッパー君と被るというと言い過ぎか・・

–ads–

Comment (1)
  1. ユウぱぱ より:

    こんばんわ
    ビデオカメラ関連の記事を楽しく拝見させてもらいました
    GC-P100は他社がやってなかった機能を盛り込んでいて
    興味深いと思ったのですが作り込みが甘くて残念な機種でしたね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください