映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

AirTag写真を撮るときのコツ:映り込みの抑制

アップルのAirTagが発売。比較的安価なアップル製品だけに(?)TwitterやSNSに溢れるAirTagの写真。だけど、AirTagの金属面、ステンレスの鏡面仕上げで、しかも緩やかなドーム状球面なので映り込みが盛大。
ので、コツというと大袈裟ですが、ひと手間かけて映り込みを抑制させてみます。

AirTag 映り込み_01

左が普通に撮ったAirTag。右がひと手間かけて撮ったAirTag。

AirTag 映り込み_02

まあ、アールの付いたステンレスだから周囲が映り込みますよね。

AirTag 映り込み_03

これも、実はカメラを持つワタシの手が映り込んでいます。

AirTag 映り込み_04

浅い被写界深度で撮ってると、まだ味、って言えそうですが、絞るとやっぱし美しくないですよね。
で、ひと手間

AirTag 映り込み_05

映り込む周囲との間に黒画用紙を立てて黒画用紙を映り込ませる「だけ」です。
ただの黒画用紙だとふにゃあとなってしまうので、厚紙に糊で貼っているのがコツと言えばコツ(笑)
黒ケントボード買ってくるのもいいと思います。

AirTag 映り込み_06

左 黒紙なし 右 黒紙あり

AirTag 映り込み_07

F2開放あたりの浅い絞りの時はどっちもまあアリだと思いますが

AirTag 映り込み_08

絞るとやはり映り込みがごちゃごちゃした印象を与えます(おまえの部屋が汚いのだという指摘はありますが)

AirTag 映り込み_09

AirTagの金属面外周部の文字をぜんぶ見せようと思うとどうしても絞りますしね
黒画用紙1枚で映り込みが抑制できるなら安いモノです。

AirTag 映り込み_10

とはいえ黒一色は芸がないと思ったら

AirTag 映り込み_11

映り込む色を変えてみたり

AirTag 映り込み_12

ワザと途中で切ってみるのもイイと思います。

AirTag 映り込み_13

ドレープ状のモノを映り込ませてみました。

AirTag 映り込み_14

別テイク。個人的にはこういうのが好き。

AirTag 映り込み_15

にしても、このステンレス面、ちょっとヤワすぎませんか?ポケットの中に半日入れて置いただけでけっこうな擦り傷。昔のiPodみたい。
取りあえず、気にしないことにしますが・・・

AirTag 映り込み_17

周囲の映り込みをうまく入れ込むのもイイと思います。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください