映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ビデオボス付アルカスイス互換プレート:F-Foto

F-FotoからRF望遠ズームレンズ用のレンズプレートが発売。アルカスイス互換プレートでキヤノンのRF100-500mm、RF70-200mm F2.8L対応なんだけど、これビデオボスが付いていて、EOS R5(R6も)のバッテリーグリップ BG-R10に使える。なのでビデオ雲台でEOS R5を使うとき、ベストなプレートになるんです。

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_01

Amazonでは「F-Foto レンズプレート for キヤノン Canon RF 100-500mm F4.5-7.1 L IS USM/RF 70-200mm F2.8 IS USM 他 対応 (Canon RFマウント 望遠ズームレンズ フルサイズ対応、ビデオボス付 レンズプレート) LP-C100500」と長い名前がついているプレートは本来、長くて重い望遠系レンズに使うためのレンズプレート。

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_02

F-Fotoは2年前にRF35mmF1.8 MACROに同社のメタルフードを付けたブログを書いてからご縁が出来て時々情報交換させて頂くようになった小さな工房。
昨年、EOS R5を買って、BG-R10のビデオボスに対応したプレート作ってくださいよと無茶振りしたら、RF100-500用のレンズプレートを開発中だからコンパチ仕様にできるかもと反応頂いて、サイズ感や仕様を詰めて頂いたのです、実は(笑)

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_03

ので、BG-R10の後端からはみ出ないサイズに!

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_04

ビデオボスがあるおかげで、ビデオ雲台でカメラを振っても光軸がずれることが無いし動画撮影時にはメリットが大きい。

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_05

裏面。プレート中央部が切り欠いてあるのは固定ネジの頭を沈めるためだけでなく(後述)

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_06

プレートに脱落防止ピンを付けるためのストッパーネジと六角レンチが付属。

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_07

アルカスイス互換雲台には脱落防止ピン対応のモノも多いので、用途によって装着します。

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_08

EOS R5 + BG-R10に装着時(正面)

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_09

EOS R5 + BG-R10に装着時(側面)

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_10

RRSのポケット三脚 TFA-01Ultra & BC-18 問題なし。
(脱落防止ピン装着)

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_11

レオフォト MT-03 + MTB-19 問題なし。
(脱落防止ピン装着)

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_12

ジッツオ マウンテニア GK1542-82QD(のボール雲台GH1382QD)
問題なし ただし脱落防止ピンは使えません。

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_13

ジッツオのボールヘッドには雲台側に脱落防止ピンがあってF-Fotoの別製品だと使えなかったりしたのですが(ジッツオのプレートは切り欠きがある)、前述したように今回、F-Fotoもプレート裏面を切り欠いて雲台側のピンを避ける仕様になりました(もちろん雲台のピンを外すこともできるのですが)

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_14

今回のプレートは小型だけどバランスがよく、RF35mmF1.8装着のEOS R5 + BG-R10なら御辞儀せずに自立します。(RF24-105mmF4はダメでしたw)

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_15

去年買ったPeakDesignのトラベルトライポッドでも問題なく使えますが・・・

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_16

トラベルトライポッド独自の雲台部は基本、この方向にカメラを装着し後ろ側のレバーで留めるのですが、ロングプレートだとレンズ方向が90度変わってしまいます。ので、慣れないと手間取るのと、レバーがボディの下になってしまい操作しにくくなるので、注意が必要ですね。
まあ、トラベルトライポッド自体、PAN等のカメラワークは想定しない作りですが・・

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_17

今回、ベストマッチに感じたのが、ジッツオのフルード2Way雲台 GHF2W

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_18

GHF2Wは脱落防止ピンを意識した?溝があるモノの、今回のプレートのピン間寸法と異なるので、ピンを片側だけつけました。

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_19

安定度もあるし、PANやティルトなどのカメラワークしても寸分もズレないし、イイ感じです。

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_20

注意:ニコンZシリーズには非対応です
ニコン Z5,Z6,Z7にはビデオボス穴があって(でもなぜかビデオボスが後ろ)これもコンパチにしようと言っていたのですが、開発中になんとニコンとキヤノンではビデオボス穴のサイズが微妙に異なる(ニコンの方が小さい)ことが発覚。
ニコンに合わせるとキヤノン装着時に微妙に遊びが出て、キヤノンに合わせるとニコンは付かないことが分かりました。
・・・ので、キヤノンへの最適化を優先し(てもらった)ため、Nikon Z5,Z6,Z7では使えません。

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_21

重量は実測で33.66g(脱落防止ピン含まず)

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_22

という訳でEOS R5ユーザーかつアルカスイス互換のビデオ雲台(は選択肢が少ないのですが)使いならベストなプレートに仕上がったと思います。
ちなみにEOS 5D Mark IVのバッテリーグリップBG-E20、マウントアダプター EF-EOS M、EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM(100-400 2型)にも適合させているようなので、キヤノンユーザーは是非(笑)

F-Foto ビデオボス付アルカスイスプレート_23

という訳で、自分の欲しいものをリクエストし、その製品化にお手伝い出来たのはとても嬉しいので、宣伝を兼ねた?エントリーでした。
ファーストロット 20本を今日から発売です。

もなか20210123

RF85mmF2 + EOS R5 絞り開放 動物瞳AF

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください